spacer

山田紙工
メニュー

spacer


ご挨拶


社長  弊社は昭和54年2月、紙器製造販売メーカーとして営業を開始以来、品質管理の向上、技術の高度化に努め、高品質の製品を生産、化粧品のパッケージをはじめ、少ロット多品種製品の生産にあたっては、コストの削減を図り、高い水準のもと低廉な価格をもって、多種多様化するお客様のニーズにお応え致してまいりました。

 加えて、抜加工製品の生産工程においては、自動平盤打抜機の機能を最大限に高める受面板(プレシジョンプレート)の研究開発を行い、平成元年これを実用新案登録、平成7年10月実用新案登録第2082444号を取得。これによりワンマンオペレーターの実現を見ることができました。この成果は紙器業界においても、高速回転に優れた威力を発揮する得難いシステムとの称賛を頂き今日に至っております。

 弊社は、常にお客様のコンセプトにお応え出来る企業として、研究開発に一層の努力を重ね、高品質の製品をいかに価格を抑え迅速に、お届けできるかを考えて、生産に取り組んでまいります。

 生産にあたって、商品を見据えた企画・洗練されたデザイン・マッチする素材・機械の精度・熟練の技術は生命であります。プロセスに磨かれたセンスと知識、経験と技能は欠かせぬものであります。弊社は、これらを兼ね備えお客様のニーズに叶う製品を、立派に仕上げることを使命と致しております。使用済紙工製品の環境使用をも視野に入れ、英知を傾けてまいります。

 これからも高いご評価を頂ける製品を、数多く世の中に提供致してまいりたく存じます。お客様のご支援を賜り懸命に励み、社会への貢献を果たしてまいる所存であります。

何卒、宜しくご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


株式会社 山田紙工  
代表取締役 山田信夫  

会社概要


spacer

商 号:株式会社 山田紙工
(英文名)YAMADA.SHIKOH.CO.,LTD.
設 立:昭和54年2月
代表者:代表取締役 山田 信夫
資本金:1,000万円
所在地:東京都板橋区宮本町62-3 地図
TEL:03-3969-4636・FAX:03-3965-5275
ホームページ:http://yamada-shikoh.co.jp
メール:yamada-shikoh@mbs.sphere.ne.jp
事業内容:企画デザイン・紙器全般・段ボールケース・包装資材・樹脂成型品・
特許済プレシジョンプレート(受面板)
取引銀行:みずほ銀行
主要取引先:株式会社アドコス・共同印刷株式会社・株式会社第一パック・
大日本印刷株式会社・大日本商事株式会社・凸版印刷株式会社・株式会社日辰・
萬有栄養株式会社・マルサンヘルスサービス株式会社・ユニフレックス株式会社・
ヨシカワ産業株式会社(50音順)

会社沿革


spacer

昭和54年2月東京都北区栄町において山田紙工設立開始
紙器一般を請負う
昭和62年4月東京都板橋区宮本町において印刷部、板橋工場を開設
昭和62年5月資本金900万円に増資
平成元年2月本社を東京都板橋区宮本町62-3に移転
創立10周年を迎える
プレシジョンプレート(紙器抜型受面板)実用新案登録願第152372号出願
平成4年2月資本金1,000万円に増資
平成7年9月IGAS'95 1回目出展
平成7年10月プレシジョンプレート(紙器抜型受面板)実用新案登録第2082444号取得
平成9年10月IGAS'97 2回目出展
平成11年2月創立20周年を迎える
平成11年5月プレシジョンプレート(紙器抜型受面板)東久邇宮記念賞受賞
平成11年7月キラグラス(装飾)知的所有権録第138366号出願
平成11年9月IGAS'99 3回目出展
平成12年4月プレシジョンプレート(改良型)特許出願
平成13年10月JGAS2001(ジャパングラフィックアーツショー)出展
平成14年4月化学糊を使わないで作れる箱(エコワンタッチ箱)特許出願
平成14年DSJ2002(ダイカッティング・シンポジウム・ジャパン)出展
平成15年9月IGAS2003 4回目出展
平成19年9月IGAS2007 5回目出展
平成21年2月創立30周年を迎える
平成22年6月エコアクション21 取得
平成23年9月IGAS2011 6回目出展
平成27年9月IGAS2015(国際グラフィックアーツ総合機材展) 7回目出展
平成30年7月IGAS2018(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)8回目出展

spacer

PAGE TOP